前へ
次へ

鍼灸治療は自然治癒力と免疫力を高めるため

鍼灸治療は人間が本来持っている自然治癒力や、免疫力を高めることを目的として病気の治療から怪我の予防のため行います。施術方法は問題のある患部や経穴に鍼や灸で刺激を与える方法です。東洋医学の専門用語で経穴と呼ばれているものは日本では一般的にツボと呼ばれています。人間の体には361箇所のツボが存在すると言われています。一般的にツボは500円硬貨程の大きさで刺激を与えることで、症状が緩和して弱った機能回復に効果があります。ただある程度の効果を見込むことはできますが人により個人差があります。基本的な鍼灸治療の流れは鍼や灸でツボに刺激を与えて、皮膚や筋肉などの組織に微小な傷をつけます。その後皮膚や筋肉などの組織は傷を修復することにより細胞が活性化されます。結果人間の本来持っている自然治癒力と免疫力が高まるという流れです。他にもツボとツボを繋ぐ経絡の刺激で得らえる効果も個人差があります。そのため患部から離れたツボを刺激することが効果的なこともあります。

Page Top